キャッシングを利用する人の状況は様々で、いくらお金が必要なのか、またいつ返済金を用意できるのかはバラバラです。それだけに、自分のパターンに合わせて返済計画を立てなければなりません。では、綿密な返済計画とは、どういった形で建てられるのでしょうか。

返済計画をより詳細なものにするには、まず確実に入ってくるお金を充てにしなければなりません。つまりは給料日です。失業する可能性も0ではありませんが、最も確実かつ決まった金額が入金されるのはこのタイミングでしょう。反対に、あまり充てにしてはいけないのがボーナスです。最悪ボーナスが大幅カットされた場合、一気に返済計画が崩れることになります。リボ払いをしていたのならなおさらです。

また、細く長く返済を続けた方もいるかもしれませんが、その分返済金額が増えることは承知しましょう。返済が長引くと、まず利息が増えます。また毎回返済に必要な手数料も増えます。この2つはボディーブローのように響いてくるので、できれば短期間で返済したいところです。

生活費に手をかけてまで返済する必要はありませんが、贅沢をするくらいなら返済に当てましょう。大切なのは、いかに確実な収入源を返済計画に組み込めるかです。